レイリーチ 光脱毛機 脱毛機

業務用脱毛機ティーノ(Tino)|特徴・効果・価格を徹底検証

更新日:

画像引用元:ティーノ(Tino)

業務用エステ機器のなかでも低価格な業務用脱毛機ティーノ(Tino)。今回は、ティーノの特徴・効果、価格やメーカーのサポート内容について徹底検証いたします。

業務用脱毛機ティーノ(Tino)とは?

ティーノ(Tino)は、株式会社レイリーチ(RAYREACH)が販売する業務用脱毛機です。

脱毛方式はSHR脱毛を採用しており、キッズ脱毛・メンズ脱毛モードや、光フェイシャル・バストケア機能も搭載しているため幅広いユーザー層へメニューを提供できる脱毛機です。

ティーノ(Tino)の特徴について詳しく検証していきましょう。

ティーノの4つの特徴を徹底検証

1:SHR方式でキッズ脱毛・メンズ脱毛も可能

画像引用元:まいぷれ

学術的に、エステ用脱毛機の脱毛方式は「IPL脱毛方式」「SHR脱毛方式」の2種類となっており、ティーノ(Tino)は「SHR脱毛方式」を採用しています。

  • IPL方式の特徴:毛のメラニン色素と毛根をターゲットに光を照射し、熱を生み出す事によって毛根にダメージを与える方式。太く抜けにくい濃い毛に効果的だが、効果があるのは成長期の毛のみ。発光の瞬間にチクッとした痛みが伴う。
  • SHR方式の特徴:毛の生成に重要な細胞を作り出す働きがあるバルジ領域と言われる皮膚層に低い熱でダメージを与える方式。バジル領域への照射により、脱毛だけでなく抑毛効果も得られ、毛周期に関係なくどんな毛質にも効果あり。ただし長時間のマシン使用は、出力が下がり効果が出にくくなってしまうケースもある。

「SHR方式」を採用しているティーノ(Tino)は、お子様の産毛のような薄い毛にも脱毛効果を発揮するだけでなく抑毛効果も得られます。さらに、毛周期に関係なく2週間に1度の頻度で施術できますのでお客様の来店回数も増やすことが可能です。

しかし、「IPL方式」を採用している脱毛機に比べると、ティーノ(Tino)は太く抜けにくいワキ・VIO・男性の髭などの濃い毛は脱毛回数を重ねる必要がありますので注意が必要です。また、一般的に「SHR方式」を採用している脱毛機はマシンを使い続けると出力が徐々に下がっていくため脱毛効果が弱まってしまうリスクがあることも留意しておきましょう。

業務用脱毛機の多くは「IPL方式」「SHR方式」の両方を採用しています。

ティーノ(Tino)が採用している脱毛方式は「SHR方式」のみなので、メンズ脱毛で集客したい方は、太く濃い毛に効果的にアプローチできる「IPL方式」を採用している脱毛機を選ぶと良いでしょう。

また、ティーノ(Tino)を購入される際には、使い続けても出力が落ちない設計になっているかどうか?をメーカーに事前に確認するとよいでしょう。

「SHR方式」を採用している脱毛機の中には、マシンを使い続けても出力低下が起こらないよう設計されているものもあります。1日に何人ものお客様に連続してマシンを使用する予定がある方は、出力が下がらず安定した脱毛を提供できるマシンを選ぶと良いかもしれません。

使用し続けても出力が下がらない!最新脱毛方式はこちら>

 

2:照射時間は全身で約30分

ティーノ(Tino)の全身脱毛は1回30分となっています。

【他社脱毛機との比較】

ティーノ(Tino) クリアスキンネオ スベモ バイマッハ
全身施術 約30分 約15分 約12分 約15分

最新脱毛機の多くは全身脱毛時間20分以下となっており、その他メーカーの脱毛機と比べてみると全身脱毛スピードはやや遅いかもしれません。施術時間が長ければ長いほど回転率に影響するため、回転率をUPして集客人数を増やしたい方は施術時間が20分以下の脱毛機を選ぶとよいでしょう。

 

3:1ショットあたり0.3円

ティーノ(Tino)は1ショットあたり0.3円となっています。

【他社脱毛機との比較】

ティーノ(Tino) クリアスキンネオ スベモ バイマッハ
1shot単価 0.3円 0.13円 0.12円 0.3円
全身脱毛8,000ショット 2,400円 1,040円 960円 2,400円

※ワンショット単価算出方法はメーカーにより異なる。
※全身脱毛8,000ショットはあくまでも目安です。照射面積や往復照射の要・不要によって正確なショット数は各マシン異なります。

その他の業務用脱毛機がそれぞれ公開している1ショット単価と比較すると、ティーノ(Tino)は0.3円となっており、全身脱毛8,000ショット※を目安にした場合、ティーノ(Tino)は2,400円のランニングコストがかかります。
ランニングコストを抑えるには、1ショット単価が0.15円以下のマシンを選んだり、ジェル代不要で熱変換効率のよいランニングコストが安いLED脱毛機を選ぶとよいでしょう。

熱変換効率が良くコスパ最強の「LED脱毛機ランキング」はこちら>

 

4:フェイシャル機能・バストケア機能も搭載

ティーノ(Tino)は、脱毛モードの他に「光フェイシャル+RF機能」も搭載されています。光フェイシャルはお肌の繊維芽細胞を活性化させ、コラーゲン生成を促進して肌にハリやツヤを与えることができるため、赤ら顔やくすみに効果的です。また、バストケア機能も搭載しているため1台で幅広いメニューを展開することができます。

 

ティーノ(Tino)の効果・口コミ

画像引用元:ティーノ(Tino)

画像引用元:Instagram

画像引用元:Instagram

心配していた痛みも殆ど感じず、仕上がりにも満足しております。
引用元:ホットペッパービューティー

痛みに怖がりの私ですが脱毛は痛みもなく、お値段もお手軽で快適に脱毛することができて良かったです!
引用元:ホットペッパービューティー

ティーノ(Tino)の公式サイトで公開されているビフォー・アフター画像を見ると、男性の濃い毛もしっかり脱毛できるようです。Web調査によるとVIO脱毛においても痛みを感じないという口コミが目立ちました。

 

ティーノ(Tino)の価格は151万8,000円(税込)

ティーノ(Tino)のマシンは151万8,000円(税込)となっています。

クレジットリースの場合は、月々32,230円(税込)で導入可能です。(5年60回払い)

レンタルの場合は、月々32,780円(税込)で導入可能です。

 

【他社脱毛機との機能比較】

ティーノ(Tino) クリアスキンネオ スベモ バイマッハ
価格 151万8,000円 165万円 162万3,600円 437.8万円
ランプ 9万9,000円/30万発 10万8,900円/80万発 6万円※ランプ寿命不明 13万2,000円/30万発
搭載機能 SHR脱毛、光フェイシャル、バストケア機能 IPL・SHR脱毛、セルフ脱毛、光フォト機能、ブラックピーリング機能、バストケア機能 SHR脱毛、IPL脱毛、フェイシャル SHR脱毛、IPL脱毛、ピーリング、バストUP機能

※価格は税込です。

一般的に業務用脱毛機のマシン相場は150万〜500万円と言われており、他社脱毛機と比較してみるとティーノ(Tino)はかなり低価格なマシンであることが分かります。

ティーノ(Tino)は相場の中でも安く導入できますが、「IPL方式」「SHR方式」の両方を採用している他社脱毛機と比較してみると、搭載されている機能数の割にはマシン価格が割高かもしれません。

また、一般的に業務用脱毛機の価格はマシンの“冷却パワー”によって大きく異なります。

PCやスマホを長時間使用すると機器本体が熱を発するのと同様に、脱毛機も連続使用するとマシンが熱くなってしまい故障の原因に繋がります。そのため、業務用脱毛機の多くは冷却機能を搭載しており、この“冷却パワー”の性能がマシン価格に影響します。

1日に全身脱毛のお客様を5人以上施術する場合にはマシンを安全に使用するために強い“冷却パワー”が必要になりますので300万円以上の脱毛機、1日に全身脱毛のお客様5人以下を目処にマシンを使用する場合には200〜100万円の脱毛機が目安となります。

ティーノ(Tino)はかなり低価格な脱毛機ですので、冷却パワーや「1日に何人安全に施術できるのか?」についてメーカーに確認するようにしましょう。

 

ティーノ(Tino)のサポートや保証内容

一般的に業務用美容機器を購入するとメーカーからサロン運営に関する無料サポートやマシン保証が付いてきます。ティーノ(Tino)の場合はサポート内容について「開業サポートキットプレゼント」との記載があります。

【他社脱毛機とのサポート内容比較】

ティーノ(Tino) クリアスキンネオ バイマッハ
サポート 開業サポートキットプレゼント 無料導入講習/開業サポート/ドクター相談サポート/販促商材の無料提供/インスタ支援(バナー毎月15個更新)、インスタグラマー来店&素材使用可能/動画素材/ビフォーアフター画像/チラシ/ポップ/メニュー表/売上表/予約帳/朝礼シート/従業員連絡先表/お客様アンケート/ネームプレート/カルテ各種/ギフト券、収入印紙、切手管理/施術前同意書/食事記録/未成年同意書/個人情報取扱説明/銀行振込案内/発注表/開業支援/HP作成/補助金・助成金申請/SNS運用サポート/マシン購入者向けの無料webセミナー/ホットペッパービューティー活用セミナー/専門家による脱毛基礎講習創業融資・補助金セミナー/アンバサダーサロン制度/ビフォーアフターコンテスト制度/公認インストラクター制度/MEO対策支援など オンライン画面にて開業支援

集客、売上UPコンサルが永久無料/脱毛効果が無かった場合は全額返金返品(購入から1年間)

マシン保証・保険制度 マシン保証5年、「PL保険」無料加入、3ヶ月全額返金保証 マシン保証1年、「PL保険」無料加入、「エステ保険」に加入可能、ドクターサポート マシン保証5年

各メーカーのサポート内容と比較してみると、ティーノ(Tino)は経営に関してどこまでサポートしてもらえるのか?についての明記がありません。

「開業サポートキットプレゼント」との記載がありますが、競合の多い脱毛メニューで集客するには、ホットペッパービューティーやSNSなどの集客ツールの活用が不可欠です。

マシンを購入したからといってすぐに売上UPできるとは限らず、他店との差別化方法、SNSでの効果的な販促活動、施術同意書やメニュー表等の準備など集客・運営するためには多くの準備が必要になります。

導入を検討する際は、具体的なサポート範囲についても確認しておきましょう。

 

ティーノのマシンスペック

最大出力 2000W
波長 HR:610nm~1200nm(照射面積1cm×5cm)

SR:530nm~1200nm(照射面積1cm×5cm)

出力 1~15J/cm²
電源 100V 日本国内で使用のみ許可
本体サイズ 横幅36cm 奥行き56cm 高さ46cm
重量 32kg
保証 本体:納品日より5年間(本体購入時のみ)

ハンドピース:30万発(ランプ交換費用 90,000円税別)

付属品一覧 脱毛用ハンドピース

フォト用ハンドピース

施術者用ゴーグル

お客様用ゴーグル

フットペダル

電源ケーブル

トレーニングテキスト

開業サポートキット

 

まとめ

今回は、ティーノ(Tino)の特徴・効果、価格やメーカーのサポート内容について検証しました。

ティーノ(Tino)は、「SHR方式」のみの脱毛機となっており、フェイシャル機能・バストケア機能を搭載したマシンです。ただし、「SHR方式」採用の脱毛機にありがちなパワーダウンについては使い続けても脱毛威力が落ちないかどうか?メーカーへの確認が必要です。

また、低価格な脱毛機なため「1日に何人施術できるマシンなのか?」、また、メーカーによるサロン運営サポートは具体的にどんな内容なのか?については事前に確認するようにしましょう。

ティーノ(Tino)公式サイトはこちら>

販売会社|株式会社レイリーチ公式サイトはこちら>

本記事でご紹介した他社脱毛機の販売メーカーはこちら

クリアスキンネオ
マシン公式サイトはこちら>
販売会社|株式会社Dr.Viseaの公式サイトはこちら>スベモ
マシン公式サイトはこちら>
販売会社|株式会社アイオンの公式サイトはこちら>

バイマッハ
マシン公式サイトはこちら>
販売会社|レナード株式会社の公式サイトはこちら>

 

この製品のレビュー

製品レビューガイドライン

0.0
Rated 0 out of 5
平均0つ星です!(全0件のレビュー)
すばらしい0%
とてもよい0%
平均的0%
よくない0%
ひどい0%

 

この製品についてまだレビューはありません。投稿してみましょう。

 

 

 

おすすめ業務用脱毛機マシンランキング

クリアスキンネオ

ポイント
  • 初期費用0円で導入可能!
  • 大学教授監修で効果にこだわる脱毛!
  • ショット打ち放題!
  • 全身脱毛スピード20分
  • レンタルプラン有り
  • アフターフォローが充実

クリアスキンLED

ポイント

  • 施術時のジェル不要!
  • ランプ代は従来の光脱毛機に比べ1/2
  • ランニングコストは光脱毛機の1/50!
  • 脱毛完了までのスピードが早い
  • 鼻毛・耳脱毛など細い部位の脱毛が可能!?

 

バイマッハ

ポイント

  • 希望に合わせた施術が可能
  • イオン導入が可能
  • メニューの幅が広がる

-レイリーチ, 光脱毛機, 脱毛機

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト , 2024 All Rights Reserved.