その他 エステ開業 痩身 美顔 脱毛機

業務用美容機の輸入代行とは?メリットや注意点、おすすめの輸入代行業者をご紹介

投稿日:

エステサロンの開業をお考えの方やすでにエステサロンを運営されている方の中には、「業務用エステ機器を安く仕入れたい」とお考えの方も多いのではないでしょうか?

そんな方におすすめのマシン仕入れ方法として輸入代行があります。今回は、エステサロンさまにぜひ活用いただきたい業務用美容機の輸入代行サービスについてご紹介いたします。

【記事監修】
岡崎 満美子
国内・外資化粧品会社勤で接客販売・教育トレーナー・化粧品企画・美容部長を経験の後、エステティシャン実務を経てエステティシャン養成校の教育カリキュラム確立し、講師として在籍。
日本エステティック業協会(AEA)認定インターナショナルエステティシャン/日本エステティック業協会(AEA)認定講師/エステティックコンサルタント

 

業務用美容機の輸入代行サービスとは?

輸入代行サービスとは、商品の購入〜発送までお客様の代わりに輸入代行業者が全てを代行するサービスのことです。業務用エステ機器は、美容先進国である韓国や中国などで製造されている海外製のものも多く、国産のマシンに比べて海外製マシンは安く購入することができます。

しかし、海外製のマシンを個人で購入する場合、外国語での対応や価格交渉、通関対策、商品発送の確認作業なども全て自分で行う必要があります。

輸入代行サービスでは、商品購入〜発送までに必要な各種作業をすべて輸入代行業者に依頼することができ、国産マシンを購入するよりもコストを抑えることが可能です。

 

輸入代行サービスを利用するメリット

輸入代行サービスを利用するメリットは以下の通りです。

  • 最新の美容効果の高いエステ機器を安く導入できる
  • 現地メーカーや工場とのやりとりを全て任せられる
  • 価格交渉を依頼できる場合がある
  • 輸入通関手続きを任せられる
  • 商品発送までの煩雑な手続きを任せられる

技術開発が著しい中国製のマシンや美容大国で販売されている韓国製マシンは、脱毛効果や痩身効果も高く、予めアジア人の肌質に合わせて開発されているため日本人の肌にも問題なく施術できます。こういった施術効果が高い海外製エステ機器は、輸入代行業者から購入することで相場150万円以上の新品脱毛機を60万円ほどで購入できます。

また、輸入代行サービスを利用することで輸入に伴う煩雑な手続きや言語対応を輸入代行業者に任せることができます。

 

輸入代行サービスを利用する際の注意点3つ

安くエステ機器を導入できる輸入代行サービスですが、利用する際には以下の点に注意が必要です。

1:品質チェックを徹底している輸入代行業者を選ぶ

海外からマシンを輸入する場合、品質チェックを怠ると施術時にお客様に被害を与えてしまうことも考えられます。しかし現地に出向いてチェックをすることが難しいため、輸入代行業者が品質チェックを徹底しているかどうか?が重要です。

輸入代行業者を選ぶ際は、輸入した美容機器の性能確認・動作確認など品質チェックを徹底している業者を選ぶようにしましょう。

 

2:薬事非該当の美容機器を扱っている輸入代行業者を選ぶ

エステ機器のなかでも医療機器に該当するマシンを輸入する際には、輸入代行業者が医療機器の製造販売業許可を取得している必要があります。医療機器に該当するマシンを美容機器と虚偽申告して輸入をおこなった場合は関税法違反となり、返送しなければいけないケースや廃棄処分が必要になるケースがあります。

【医療機器に該当するエステ機器例】

  • E-Lightシステム採用の脱毛機
  • LED脱毛機
  • レーザー脱毛機
  • アートメイク除去レーザー
  • カートリッジ式ハイフ
  • 脂肪溶解冷凍美容 
  • プラズマフェイシャル美容機器

上記マシンは医療機器に該当するエステ機器となるため、製造販売業許可を取得していないにも関わらず上記マシンの輸入代行をおこなっている業者には注意が必要です。

上記のマシンを扱っている業者の場合は、「医療機器の製造販売許可を取得しているかどうか?」を事前に確認するようにしましょう。

 

3:アフターサービスや保証がない業者に注意

輸入代行サービスで購入した海外製マシンは、メーカーの正規のアフターサービスを受けることが難しくなります。万が一の故障やトラブル時にアフターサービスや保証がない業者から購入すると修理対応できないケースがありますので、輸入代行業者を選ぶ際には機器導入後のメンテナンス依頼や修理対応が可能な業者を選ぶようにしましょう。

 

安心できるオススメの輸入代行業者2選

ここまで輸入代行サービスで美容機器を導入するメリットや注意点をご紹介しましたが、ここからは安心してオーナーさまが利用できる輸入代行業者をご紹介いたします。

1:ジェーボーテ

画像引用元:ジェーボーテ

美容機器輸入代行業者|ジェーボーテは、大手メーカーとの取引実績がある美容機器輸入代行業者で月間100台の美容機器を輸入代行しています。

  • 日本事業所駐在の外国人スタッフが現地スタッフと直接やりとりするため安心
  • 価格交渉、商品チェック、通関対策も万全
  • 商品到着1ヶ月のトラブルサポート
  • 修理やメンテナンスは都度対応可能

という必要最低限のサービスでコストを抑えているため、新品で高性能の海外製業務用エステ機器を安く購入することが可能です。

「新品の高性能マシンを安く導入したい」「アフターフォロー代は都度払いでいい」という方は、輸入代行業務や品質管理を徹底しているジェーボーテを利用してみるのも良いかもしれません。

美容機器輸入代行業者|ジェーボーテはこちら>

 

2:IBRA

画像引用元:IBRA

美容機器輸入代行業者|IBRAは、エステティック用美容機器、化粧品業許可による海外化粧品輸入、未承認美容医療機器(薬監証明)など『薬事輸入通算20年』の経験と実績がある輸入代行業者です。

  • 美容機器輸入代行業務は『薬事非該当』による正規輸入
  • 脱毛機器・HIFU・痩身マシン・フェイシャルマシンなどの美容機器の輸入問題を解決可能
  • 税関で止まっている美容機器の対処に強い

「輸入手続きをしたマシンが税関で止まってしまっている」「マシンの手続きで問題があり輸入できない」といった、すでに購入手続きをしたにも関わらずマシンが手元に届かないとお困りの方はぜひ一度相談されると良いでしょう。

美容機器輸入代行業者|IBRAはこちら>

 

個人で美容機器は輸入できるのか?

美容機器の多くは薬機法によって医療機器※に指定されており、医療機器の製造販売許可を得ていない個人が輸入することはできません。

※医療機器の定義…人もしくは動物の疾病の診断、治療若しくは予防に使用されること、又は人もしくは動物の身体の構造若しくは機能に影響を及ぼすことが目的とされている機械器具等。

個人使用が目的と判断された場合や家庭用医療機器の場合には一定条件を満たせば輸入が可能ですが、脱毛器の場合は家庭用機器とされているものでも厚生局に“他人への販売・授与を目的としての輸入ではない”ことを証明しなければなりません。

以上のことからサロンオーナーさま個人が輸入するのは難しいといえるでしょう。

 

まとめ

今回は、エステサロンさまにぜひ活用いただきたい業務用美容機の輸入代行サービスについてご紹介しました。

輸入代行サービスを利用する最大のメリットは、新品で高性能の海外製業務用エステ機器をコストを抑えて導入できる点です。一方で、業者選びには注意が必要となり品質チェックを徹底していてアフターフォローが依頼できる業者、関税法違反のリスクが少ない実績のある業者を選ぶとよいでしょう。

このほか、業務用エステ機器を安く導入するには、今回ご紹介した輸入代行サービス以外に中古マシンを購入する方法や補助金・助成金を活用する方法もあります。

中古マシンはメルカリやヤフオクなどの個人間のやりとりで美容機器を購入してしまうと品質への安全性や動作に不備があった場合にリスクを伴いますので、中古の美容機器を専門に扱う取引サイトを利用するとよいでしょう。

業務用エステ機器を中古で購入する方法について詳しくはこちら>

 

また、助成金・補助金を活用してエステ機器導入を検討される方は以下の記事を参考にしてみてください。

補助金・助成金に関する記事一覧はこちら>

 

おすすめ業務用脱毛機マシンランキング

クリアスキンネオ

ポイント
  • 初期費用0円で導入可能!
  • 大学教授監修で効果にこだわる脱毛!
  • ショット打ち放題!
  • 全身脱毛スピード20分
  • レンタルプラン有り
  • アフターフォローが充実

クリアスキンLED

ポイント

  • 施術時のジェル不要!
  • ランプ代は従来の光脱毛機に比べ1/2
  • ランニングコストは光脱毛機の1/50!
  • 脱毛完了までのスピードが早い
  • 鼻毛・耳脱毛など細い部位の脱毛が可能!?

 

バイマッハ

ポイント

  • 希望に合わせた施術が可能
  • イオン導入が可能
  • メニューの幅が広がる

-その他, エステ開業, 痩身, 美顔, 脱毛機

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト , 2024 All Rights Reserved.