厳選した業務用ハイフ機器や脱毛器など、プロ向けエステ機器の比較記事などを掲載しています

【公式】業務用ハイフ・脱毛器パーフェクト比較サイト

シミ

低周波ペンシルとは?シミ取り効果や失敗しないための選び方は?【口コミ多数】

更新日:

美容皮膚科でシミ治療を行う場合は「フォトRF」「レーザー」が一般的です。

近年はエステサロンでも「低周波ペンシル」によりシミ取り治療が可能となっています。

低周波ペンシルとは?


画像引用元:昭和町の完全個室脱毛サロン Liegel(リジェール)

「低周波ペンシル」は、ペンシル型の低周波機器です。

「レーザー」によるシミ取りは強い電流(500度~800度)で刺激するため、深部の細胞まで破壊してしまう可能性があります。
一方「低周波ペンシル」は、約50度の低周波の微弱電流をシミに当てていくため、肌に優しく安全性が高いことが特徴です。

「低周波ペンシル」は、高周波やレーザーのように1回の強い刺激でシミを取るのではなく、肌本来の働きを整え、メラニンを含む角質が自然と押し出されるよう促します。

シミの形の通りにペンシルでなぞると、シミが縮み色が一時的に濃く変化します。
1週間前後で色の変化したシミがアカとなって自然に剥がれ落ちます。

 

低周波ペンシルの特徴

ココがポイント!

☑︎レーザーに比べ痛みが少ない
☑︎レーザーに肌を傷つけるリスクが少ない
☑︎ダウンタイムが無い
☑︎紫外線の心配が無い
☑︎レーザーに比べ価格が安い
☑︎3〜5回で効果実感

低周波ペンシルの効果

老人性色素斑、日光黒子、脂漏性角化症(下画像参照)などのシミに効果があります。

 

シミの大きさ、濃さによりますが3~6回の施術で効果を実感することができます。
肌のターンオーバーに合わせ、2〜3週間に1度の施術を繰り返します。


画像引用元:コトハ(Cottha)のブログ


画像引用元:リアージュ_シミケアとは


画像引用元:フォレストシンフォニー

 

こんな方にオススメ

オススメ!

☑︎紫外線によって出来てしまったシミを取りたい
☑︎「年寄りイボ」を取りたい
☑︎肌に負担をかけたくない
☑︎痛みに弱い
☑︎フォトフェイシャルで効果が得られなかった

 

低周波ペンシルの施術料金

施術料金(参考)※価格は税抜です。

60分コース
1回目(初回価格) 5,000円
2回目 7,000円〜17,000円
3回目 7,000円〜17,000円

時間内であればシミの数に限りなく施術してもらえるサロンもありますし、「3箇所」や「5箇所」などシミの数を制限する代わりに費用を抑えたメニューを展開しているサロンもあります。

 

低周波ペンシルの口コミ

1回では薄くなったかな?程度で、2~4回繰り返すことで消えていく(薄くなっていく)ということみたいですね。
引用元: 【低周波ペンシルでシミを取ってみた!①】

シミが黒くなって驚きましたが数日したら剥がれるとのことで楽しみです。
引用元: ホットペッパーbeauty

あれから半年、気になっていたシミも薄くなってとても嬉しいです!
引用元:ホットペッパーbeauty

施術後、黒いつぶつぶになったシミが、3日経つと本当にポロリと落ちて驚きました。
引用元:ホットペッパーbeauty

低周波ペンシルは施術を受けたその日から、シミがかさぶたになってはがれてきます。
一度の施術でまったくなかったことにはなりません。以前よりも薄く感じるくらいです。
引用元:Yahoo!知恵袋

 

失敗しないためのシミ取り低周波ペンシルの選び方

低周波ペンシル失敗のリスクを避けるためには、以下のような点を押さえておきましょう。

ココがポイント!

  • シミの種類に合った施術を選ぶこと
  • 施術後の過ごし方に注意すること
  • 信頼できるサロンを選ぶこと

 

シミの種類に合った施術を選ぶこと

「低周波ペンシル」によるシミ取りは、紫外線によって出来てしまったシミや「年寄りイボ」に効果的ですが、肝斑(かんぱん:画像参照)や先天性のソバカスに対して効果はありません。


画像引用元:かんぱん専門サイト

しかし、肝斑(かんぱん)やソバカスの上にメラニンが溜まっているケースには効果的ですので、事前にきちんとカウンセリングを行ってくれ、シミを見極めることが出来るサロンを選ぶようにしましょう。

施術後の過ごし方に注意すること

「低周波ペンシル」は、レーザーに比べダウンタイムが無く施術当日に化粧OK・紫外線OKなことが特徴です。

しかし、低周波を当てたシミ部分は縮むことにより人によって軽いかゆみを感じる人も居ます。
そういった場合に
強く擦ってしまったり、変色したシミを無理に剥がしてしまわないよう注意しましょう。

信頼できるサロンを選ぶこと

「低周波ペンシル」は機械の操作がレーザーに比べ特別な技術が必要ないため誰でも簡単に施術が出来ますが、シミに対してきちんとした知識・知見を持っているサロンでないと肝斑(かんぱん)など効果が無い箇所に施術されてしまうリスクもあります。

ホットペッパービューティーなどで、シミ取り機械導入の「認定証」画像や、スタッフブログなどを事前に確認し、シミの知識があるサロンを選ぶと良いでしょう。

そのほか、カウンセリングの丁寧さも大変重要なポイントです。不安な点は納得がいくまで相談しましょう。

効果や接客など、口コミを事前にチェックすることがオススメです。

 

まとめ

今回は「低周波ペンシル」についてご紹介しました。

「低周波ペンシル」は医療用レーザーとは異なり、基本的に一回の施術で取れるものではなく数回通う必要がありますが、低価格・短時間・安全といった特徴があります。

料金はもちろんですが、カウンセリングの丁寧さや実績なども考慮して、自分に合った「低周波ペンシル」を選んでいきましょう。

 

-シミ

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛器パーフェクト比較サイト , 2021 All Rights Reserved.