厳選した業務用ハイフ機器や脱毛機など、プロ向けエステ機器の比較記事などを掲載しています

【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト

ハイフ 痩身

業務用ハイフ マシンの値段相場は?安く導入する方法やマシン選びのポイント

投稿日:

エステサロンなどで人気の切らない痩身「ハイフ」ですが、マシンの値段の相場やマシンを選ぶ際のポイントについてまとめてみました。

これからハイフを導入する方やご検討中の方は参考にしてみてください。

業務用ハイフ マシンの値段相場は120〜350万円

一般的に、業務用ハイフは税込120〜350万円程度が相場と言われています。

「ラジオ波(RF波)・キャビテーション・吸引・ローラー・EMS」などの痩身機器の相場が150万円~300万円程度となっているのに比べ、ハイフは150万円以下で導入できるマシンも多くなっています。

もともと医療機器であるハイフは、これまで他の業務用痩身機器よりも相場が高く350万円程度が一般的でした。しかし、技術の改良により低コストで導入できる業務用ハイフが増え始め、マシン相場は若干下がっているようです。

業務用ハイフ ランキングTOP14はこちら>

100万円以下の業務用ハイフは要注意!

業務用ハイフの中には100万円以下で購入できるマシンも出回っていますが、そのほとんどがYahooや楽天、メルカリ、海外通販サイトなどで販売されており、「中国産マシン」「性能が古い中古マシン」「型落ちしたマシンの側だけリニューアルされたマシン」と言われています。

このような100万円以下の業務用ハイフは

  • コストダウンを図って100円以下の安い部品で作られいる
  • 安全装置や、冷却の機能の不備がある
  • 耐久性が低く出力の安定性が悪く壊れやすい
  • 出力が安定せず誤作動がある

などの危険があるようです。

激安ハイフを使用すると、出力が調整できないなどの理由から熱傷や神経損傷などのリスクがあり、さらに、海外サイトやネットショップでマシンを購入してしまうとメーカーからのサポートが受けられず施術トラブルによる訴訟や営業停止に至ってしまう可能性もあるため注意が必要です。

激安ハイフに要注意!激安ハイフの危険性について詳しくはこちら>

導入費用を抑えてマシンを購入する方法

いくら100万円以下のマシンは危険だと分かっても、業務用ハイフをご検討中の方の中には

「100万円以上する業務用ハイフを購入するのは難しい・・・」「なるべく初期費用を抑えてハイフを導入したい」という方も多くいらっしゃるかもしれませんが、そんな方にはリース・レンタルがオススメです。

リース・レンタルとは?

リース・レンタルとは、月額数万円で最新の業務用ハイフを利用できるサービスです。

【リース・レンタルの仕組み】

  • リース・・・リース会社に購入代行してもらったマシン代金を毎月返済していくシステム。
  • レンタル・・・メーカーからマシンを借り毎月利用料金を支払うシステム。

リースは契約期間中の解約ができなかったり、解約する場合は解約費用がかかる場合がありますが、レンタルの場合は一般的に途中解約が可能です。

リース・レンタルのいずれも、業務用脱毛機の所有権がリース会社やメーカーにあるので固定資産税の課税対象とならず、経費計上することができるので節税対策になりますので是非検討してみてください。

業務用ハイフを選ぶ時の3つのポイント

ここまで業務用ハイフのマシンの相場や、安く導入する方法などについてご紹介してきましたが、マシンの値段以外に業務用ハイフを選ぶ時のポイントはあるのでしょうか?

これからご紹介する3つのポイントを踏まえておくと、安全でサポートの手厚いマシンを導入することができますので、メーカーに問い合わせる際の参考にしてみてください。

ポイント1:「蓄熱式ハイフ」を選ぶ

ハイフは肌に直接当てるマシンの先端部分やメカニズムによって以下の種類に分けることができます。

ハイフの種類 仕組み メリット・デメリット
2Dハイフ 1点の熱が線状に2、3秒かけて点射される。 細かくデザインできるが、施術時間がかかるうえ技術力が必要。当てムラのリスクがある。
3Dハイフ 熱が長方形面のように大きい面で2、3分かけて点射される。 広範囲を均一に照射可能。一度ボタンを押すと点射が終わるまで面のサイズが大きければ大きいほど時間がかかる。
4Dハイフ 熱が長方形面のように大きい面で2、3分かけて点射される。 4列同時に照射するので施術時間が短いが部分当てができない。
蓄熱式ハイフ 通常のハイフの2、3倍の出力で1点の熱が高速連射される。 ピンポイント照射、広範囲照射が可能。施術時間が短くムラがない。蓄熱照射なので火傷のリスクがない。

※Dはドット(点)のことを指し、10点列で照射されるマシンは3Dハイフ、12点列で照射されるマシンは4Dハイフなどと呼ばれ、5D〜9Dまで種類があります。

1ショットで一気に熱を加える「2D・3D・4Dハイフ」は、当てムラが起きたり痛みを伴う場合や火傷などの施術トラブルのリスクがあります。

一方「蓄熱式ハイフ」は、組織の熱変異に効果的と言われる60度以上に面で徐々に蓄熱していく仕組みとなっており痛みや火傷のリスクが少ないのが特徴です。「2D・3D・4Dハイフ」よりも2、3倍強い出力の1点照射が高速連射されるハンドピースをクルクルと動かし施術するのでスピーディーにムラなく施術することができます。

ハイフを選ぶ際は、痛みがほとんどなく火傷のリスクが少ない「蓄熱式ハイフ」を選ぶようにしましょう。

ポイント2:マシン保証や保険制度を導入しているハイフを選ぶ

一般的に、正規のメーカーからマシンを購入すると万が一の故障に無料で対応してくれるマシン保証がついてきますが、故障のリスクが少ないマシンほど保証期間を長く設定していますので、安全性の高いハイフを選ぶためには保証期間が1年以上のマシンを選ぶようにしましょう。

また、ハイフの中には万が一お客様等に損害を与えてしまった場合でも賠償責任をカバーしてくれる「PL保険」や、ハイフ以外のエステの施術全般のトラブルに対し施設賠償責任・受託物賠償責任・生産物賠償責任が保障される「エステ保険」を導入しているマシンがあります。

こういった保証制度が充実しているメーカーは、安全性への意識が高くサロンへのサポートも充実している傾向にありますので、保証内容が充実しているハイフを選ぶようにしましょう。

ポイント3:サポート内容が充実しているハイフを選ぶ

正規のメーカーの中には、マシンを購入すると無償サポートが付いてきます。
メーカーが提供しているサポート内容の一例は以下の通りです。

  • マシン操作方法や施術技術、理論などの無料講習
  • 開業支援
  • 運営コンサルティング
  • ポスターやチラシなどの商材提供
  • いつでも相談できるコールセンター など
    ※メーカーにより内容は異なります。

ハイフマシンを購入したからといってすぐに売上UPできるとは限りません。他店との差別化方法、SNSでの効果的な販促活動、施術同意書やメニュー表等の準備など集客・運営するためには多くの準備が必要になります。

高いリピート率を誇るマシンや売上UPに貢献しているマシンは、メーカーがこうしたサポートに力を入れており、サロンが安定して売上を伸ばせるようノウハウを提供してくれますので、上記を参考にサポート内容が充実しているハイフを選ぶようにしましょう。

おすすめの業務用ハイフ

ここまで業務用ハイフの相場やマシンを選ぶ際のポイントについて見てきましたが、ハイフの中でも導入しやすい値段で、ご紹介した3つのポイントを満たしたおすすめのハイフをご紹介いたします。

フォーカスネオ

2021年現在、エステサロン・ネイルサロン・脱毛サロン・メンズサロン・医療クリニックなど全国1000店舗以上で導入されているエステ用ハイフフォーカスネオ(Focus Neo)

マシン保証期間3年、「PL保険」「エステ保険」も完備しており、さらに「フォーカスネオプロ」を販売しているエステ機器販売会社Dr.Viseaにはマシン監修・医学顧問の医師がいるため、万が一施術中にトラブルがあった場合には医学的なアドバイスを受けることができます。

フォーカスネオの価格

  • マシン価格118万円(税込129.8万円)
  • オプション(目元ヘッド)付きの場合128万円(税込140.8万円)

フォーカスネオの特徴

  • 1台でボディーとフェイシャル機能が搭載
  • セルフハイフも可能な安全ヘッド設計
  • 1,000ショットを2.7分でできるスピード施術
  • カートリッジ交換不要でランニングコスト0円

フォーカスネオの保証・サポート

  • レンタル・リースにも対応しており初期費用0円で導入可能
  • マシン保証3年間(3ヶ月以内の本体不良は新品交換)
  • 万が一の施術トラブルにも対応可能なドクターサポート保険あり
  • PL保険・エステ保険込み(ハイフ以外のエステの施術全般対応)
  • 開業サポート(HP作成、補助金申請、助成金申請、SNS運用サポート)
  • 運営サポート(インスタ支援、インスタグラマー来店&素材使用可能制度、メニュー表、ポスター・パネル提供、ディプロマ発行など)

フォーカスネオ(Focus Neo)公式サイトはこちら>

※2021年、フォーカスネオ最新機種「フォーカスネオプロ」がリリースされました。詳しくは上記フォーカスネオ(Focus Neo)公式サイトよりお問い合わせください。

メイクライン

画像引用元:メイクライン

全国的にサービスの展開を行っているBeauty lalaが独自に開発を行ったサロン用のハイフメイクライン。全身の各部位ごとに6段階の深度が選択できる設計となっており、初めての方でも簡単操作が可能です。

メイクラインの価格

  • マシン価格120万円(税込132万円)

メイクラインの特徴

  • 1台でボディーとフェイシャル機能が搭載
  • セルフハイフも対応可能
  • 6種類のヘッドで部位や体型によって細かく使い分けることが可能
  • 顔全面10分以下
  • 米国の政府機関である連邦通信委員会による技術認証を取得した機器に付けられる「FCCロゴ」、欧州(EU)の法律に適合した製品を示す「CEマーク」取得

メイクラインの保証・サポート

  • ドクターサポート保険あり
  • フランチャイズでの開業プランあり
  • クレジットローンで購入可能
  • 開業サポート

メイクライン公式サイトはこちら>

まとめ

今回は、マシンの値段の相場やマシンを選ぶ際のポイントをご紹介しました。
ハイフはもともと医療行為なので、安全に設計されたマシンでないと熱傷や神経損傷などのリスクが伴います。訴訟や営業停止に至ってしまう可能性もあるため、中古などの100万円以下のマシンは避けた方が良いことが分かりました。

業務用ハイフを選ぶ際には

  • 120〜350万円の相場に相応しいマシンを選ぶ
  • 痛みが無く火傷のリスクが少ない「蓄熱式ハイフ」を選ぶ
  • マシン保証や保険制度が充実しているハイフを選ぶ
  • サポートが充実しているハイフを選ぶ

以上のポイントを満たしているマシンを購入するようにしましょう。

2021年現在、4,600件以上のエステサロンで導入されておりハイフ専門のセルフエステサロンもオープンするなど「メスや針を使わない痩身」として人気のハイフ。
安心して使用でき、サポートの手厚いマシンを導入することでサロンの売上UPに貢献してくれるかもしれません。

おすすめ業務用マシンランキング

Focus neo フォーカスネオ

ポイント
  • カードリッジ交換不要(打ち放題)
  • フェイス・目元・ボディ・セルフ対応
  • レンタルプラン有り
  • アフターフォローが充実

Ulfit(ウルフィット)

ポイント

  • 痛みコントロール機能搭載
  • フェイシャル・ボディ対応
  • スプレーモーションテクノロジー搭載

 

DIA-GA(ディアーガ)

ポイント

  • サーマフラクショナル搭載
  • フェイシャル・ボディ対応
  • ボディカートリッジ最大39万発対応

-ハイフ, 痩身

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト , 2021 All Rights Reserved.