厳選した業務用ハイフ機器や脱毛機など、プロ向けエステ機器の比較記事などを掲載しています

【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト

ハイフ 痩身

激安ハイフに要注意!激安ハイフの危険性や、ハイフ導入の初期費用を抑える方法をご紹介

投稿日:

美容外科やエステサロンで近年人気のハイフですが、業務用ハイフは100万円以上と高額・・・。ハイフメニューの導入をお考えのオーナー様の中には「初期費用を抑えたい」「安くマシンを入手したい」という方が多いのではないでしょうか?

ネット上では100万円以下で購入できる業務用ハイフも多く出回っています。しかし、安いハイフは火傷などの施術トラブルに繋がり兼ねませんので注意が必要です。

今回はネット上でよく見かける激安ハイフの危険性や、業務用ハイフを安く購入する方法をまとめました。

激安ハイフとは?業務用ハイフの相場

一般的に、業務用ハイフは税込120〜350万円程度が相場と言われています。

ハイフ機器が税込120〜350万円する理由は、サロン用に再開発された出力を抑えた高密度の超音波を肌に照射するためです。

ハイフのほか、美顔やバストアップなどマシンに搭載されている機能が多ければ多いほどマシンの価格は高くなる傾向にあります。

一方、激安ハイフは100万円以下が目安となっており、Yahooや楽天、メルカリ、海外通販サイトなどで販売されています。

そのほとんどが中国産であったり、性能が古い中古マシン、型落ちしたマシンの側だけリニューアルされたハイフと言われています。

実際に激安ハイフを購入してみた

激安ハイフの実情を探るため、実際に30万円のハイフを購入し美容機器エンジニア監修の元検証してみました。

上画像は、30万円の中国産ハイフを実際に解体したものです。

マシンの中身は約5kgの重りが仕込まれており部品がほぼ空っぽの状態でした。

さらに日本メーカーのハイフと比べると激安ハイフは基盤がスカスカで、5kgの重りでかさ増ししていたことが分かりました。

美容機器エンジニアに確認したところ、このような100万円以下の激安ハイフは

  • コストダウンを図って100円以下の安い部品で作られいる
  • 安全装置や、冷却の機能の不備がある
  • 耐久性が低く出力の安定性が悪く壊れやすい
  • 出力が安定せず誤作動がある

などの危険があるようです。

実際に激安ハイフを使用してみたところ、出力が弱い時と強い時の差が激しくとても施術では使えないものでした。

激安ハイフによるトラブル事例

ハイフはもともと前立腺肥大症などの治療に使用されてきた医療器具を美容機器として転用したマシンとなっており、本来、医療知識を持たないエステサロンでは取り扱いできません。

そこでエステサロンでも使用できるよう出力を抑えて改良されたのがエステ用ハイフなのですが、出力制御ができない激安ハイフが原因と思われるトラブルが複数報告されています。

エステサロンで痩身の施術を受けて熱傷になり、治るまでに半年かかると診断された

エステサロンの施術で頬の神経の一部を損傷した

熱傷を負い、顔に傷痕が残った

引用元:独立行政法人国民生活センター

激安ハイフを使用すると、出力が調整できないなどの理由から熱傷や神経損傷などのリスクがあります。

また、こういった施術トラブルが起こった場合、海外サイトやネットショップでマシンを購入してしまうとメーカーからのサポートが受けられず訴訟や営業停止に至ってしまう可能性もあるため要注意です。

激安ハイフは購入しない方が良い

ここまで激安ハイフの危険性についてご紹介してきましたが、結論、激安ハイフの購入は避けた方が良いでしょう。

激安ハイフ購入のリスクは以下の通りです。

  • 火傷などのトラブルになる可能性が高い
  • メーカーのマシン保証がないので修理費が全額負担になる
  • 中古品の場合、性能が古く効果が得られにくい場合がある
  • マシンの使い方講習や開業支援、営業商材など、メーカーから購入すれば本来無償で提供されるサポートが無い

火傷の危険性があるだけでなく、マシン保証やサポートも無いため、せっかく購入したマシンが使いものにならなければコスト回収できず無駄な出費になってしまいます。

Yahooや楽天、メルカリ、海外通販サイトなどで販売されているハイフは選ばない方が良いでしょう。

初期費用を抑えてハイフを導入するには?

それでも「100万円以上する業務用ハイフを購入するのは難しい・・・」とお悩みの方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方にはリース・レンタルがオススメです。

リース・レンタルの仕組み

メーカーの中にはリース・レンタルで月額数万円で最新の業務用ハイフを利用できるサービスを用意しているところがあります。

  • リース・・・リース会社に購入代行してもらったマシン代金を毎月返済していくシステム。
  • レンタル・・・メーカーからマシンを借り毎月利用料金を支払うシステム。

リースは契約期間中の解約ができなかったり、解約する場合は解約費用がかかる場合がありますが、レンタルの場合は一般的に途中解約が可能です。

リース・レンタルのいずれも、業務用脱毛機の所有権がリース会社やメーカーにあるので固定資産税の課税対象とならず、経費計上することができるので節税対策になります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は激安ハイフの危険性や、業務用ハイフを安く購入する方法をまとめました。

100万円以下の激安ハイフは

  • 火傷などのトラブルになる可能性が高い
  • メーカーのマシン保証がないので修理費が全額負担になる
  • 中古品の場合、性能が古く効果が得られにくい場合がある
  • マシンの使い方講習や開業支援、営業商材など、メーカーから購入すれば本来無償で提供されるサポートが無い

などのデメリットが多いため購入は避けた方が賢明です。

初期費用0円で導入できるハイフもありますので、初期費用を抑えたい方はリース・レンタル対応のハイフを選ぶようにしましょう。

 

 

おすすめ業務用マシンランキング

Focus neo フォーカスネオ

ポイント
  • カードリッジ交換不要(打ち放題)
  • フェイス・目元・ボディ・セルフ対応
  • レンタルプラン有り
  • アフターフォローが充実

Ulfit(ウルフィット)

ポイント

  • 痛みコントロール機能搭載
  • フェイシャル・ボディ対応
  • スプレーモーションテクノロジー搭載

 

DIA-GA(ディアーガ)

ポイント

  • サーマフラクショナル搭載
  • フェイシャル・ボディ対応
  • ボディカートリッジ最大39万発対応

-ハイフ, 痩身

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト , 2021 All Rights Reserved.