厳選した業務用ハイフ機器や脱毛器など、プロ向けエステ機器の比較記事などを掲載しています

【公式】業務用ハイフ・脱毛器パーフェクト比較サイト

痩身

ハイパーナイフ機械の種類を徹底調査!新型ハイパーナイフEX導入で売上UPできるのか?

投稿日:

TOP画像

ハイパーナイフの種類は2つ(2020年現在)

ハイパーナイフは株式会社ワムが販売しているラジオ波を使った痩身機器の名称です。
ハイパーナイフは2020年1月現在、2種類あります。

知名度の高いハイパーナイフ


 ハイパーナイフは発売から6年。 2014年から雑誌で取り上げられ始め、2017年10月にはTV「有吉弘行のダレトク!?」で紹介されました。
ハイパーナイフの認知度は高くTwitterでは「ハイフやりたい」といった声が多く見受けられます。

ハイパーナイフやってみたい😆
シュッとしますようにー!

引用元:Twitter

ハイパーナイフやってみたいな

引用元:Twitter

ハイパーナイフの特徴

ハイパーナイフはラジオ波を利用した熱で脂肪を乳化し流しやすい状態にします。
そして柔らかくなった脂肪を6つのボコボコした突起が特徴のヘッドで、ぐいぐいとほぐしていくのが特徴です。
効果としては、脂肪分解するとともに代謝の上がりやすい身体、太りにくい身体にしてくれます。また血行も良くなるので冷え性の方や、肩コリ、腰痛、辛い浮腫みなどにも効果的です。

 

2019年10月発売の新型!ハイパーナイフEX

 

旧型のハイパーナイフ発売から6年後の2019年10月、発売された新型ハイパーナイフEX。
ハイパーナイフEXを導入したサロンでは早くもお客様から多くの予約があるようです。
現在、新しく導入したハイパーナイフEXのご予約を多数いただいております!!

引用元:ホットペッパービューティー

ハイパーナイフももちろん凄い!のですがやっぱりEXも凄い!!
筋肉のほぐれ方や、ポカポカの持続が違う!
お顔が小さくなった!など嬉しいお声をたくさん頂いております☆

引用元:ホットペッパービューティー

従来のハイパーナイフとハイパーナイフEXの性能の違いは何なのでしょうか?

 

ハイパーナイフとハイパーナイフEX、3つの違い

画像引用元:Hiwatashi Yukako @hiwatashi_yukako

 

1.短時間での施術が可能に

体内をよりスピーディーに、そして安全に温めるため、従来の高周波よりも加温性に優れたS.H.F(smooth.high.frequency)を採用。さらに短時間での施術が可能になりました!

引用元:Hiwatashi Yukako @hiwatashi_yukako

もともとハイパーナイフは高周波・ラジオ波を利用した痩身マシン。
新型のハイパーナイフEXは従来のラジオ波ではなく、より周波数の高いSHFを採用しているそうです。

【ラジオ波】
ラジオ波とは、電磁波の中でも周波数30~300MHzの高周波の一種で、電子レンジやテレビ、携帯電話などに使用されている電波と同じものになります。

【SHF】
周波数3~30GHzの電波のこと。周波数の高く、回線や通信衛星、放送衛星、レーダなどで広く利用されています。

従来のハイパーナイフが周波数MHz(メガヘルツ)だったのに対し、新型ハイパーナイフEXではGHz(ギガヘルツ)を採用している為より早く、より深く効率的に身体を温めることができ施術時間・施術スピードが短縮しているようです。

 

2.どんなタイプの肉質にも対応可能に

3種のプローブでどんな肉質にもしっかりフィット!
S、M、Lの3種類のサイズをご用意しました。これによりどんなタイプの肉質にも効果的なアプローチが可能に。持ちやすく、手が痺れにくい設計で快適に使用して頂けます。

引用元:Hiwatashi Yukako @hiwatashi_yukako

プローブとは施術の際に実際に肌に当てる部分機器のこと。(下画像参照)

従来のプローブはボディ用とフェイシャル用の2種類でしたが、新型ハイパーナイフEXはS、M、Lの3種類のサイズがあり幅広い肉質に対応可能になるそうです。

 

3.温まりも持続しやすく、より早い痩身効果

従来よりも「広く」、「深く」、届きます!
従来の高周波出力形式(パイポーラ方式)よりも、熱をより広く、より深く届けるEXポーラ方式を採用。広い範囲の深部加温ができるので、施術効果が圧倒的に高まります。

引用元:Hiwatashi Yukako @hiwatashi_yukako

通常のラジオ波痩身マシンではモノポーラ式と言って対極板※を身体の下に敷かなければならなかったのに対し、従来のハイパーナイフはバイポーラ式を採用しており対極板※無しでマニュアル通りの手順を踏めば施術が出来るようになっています。

  • モノポーラ式・・・電極を通す対極板※が必要
  • バイポーラ式・・・対極板が不要

※対極板(モノポーラ式)

そこから更に改良され、新型ハイパーナイフEXではEXポーラ方式を採用し熱をより広く、より深く届けることが可能だそうです。
従来の出力形式の高周波より、施術効果が高まったことが特徴です。

 

ハイパーナイフ購入はどこで出来る?購入時の注意点

ハイパーナイフは株式会社ワムのみ購入可能です。
「ハイパーナイフ」というマシンは株式会社ワムが開発したマシンの名称であり、他のメーカーからは買うことができません。
※2020年1月現在ハイパーナイフ公式サイトでは新型ハイパーナイフEXのページはありませんでした。購入については問い合わせてみると良いでしょう。

 

購入する際の注意!中古品はNG

正規代理店からハイパーナイフを購入すると、製造元の株式会社ワムが発行する認定証がもらえます。

一方、中古で購入した場合認定書が発行されず『ハイパーナイフ専門店』と名乗ることは出来ない仕組みになっています。
購入する際は必ず正規店から購入しましょう。

 

偽物に注意!

知名度の上昇に伴って、ハイパーナイフの偽物商品やクーポンサイトでハイパーナイフ施術の内容や写真が掲載されているにも関わらず、実際に店舗に行くとハイパーナイフでない機械での施術をしている店舗もあるようです・・・

引用元:ホットペッパービューティー

この度、弊社製品「ハイパーナイフ®」のシリーズ商品の類似品・模倣品が全国のエステサロンで利用されていることが判明いたしました。(中略)開封済みの製品や、無色・透明における製品特徴による中身の入れ替えなどで、製品が本物かどうか分からず、トラブルも多発しているとの報告を受けております。

引用元:株式会社ワムー【重要なお知らせ】類似品・模倣品にご注意下さい

ハイパーナイフ公式サイトでも注意喚起されていますので、トラブルの元とならないよう正規店から購入しましょう。

 

ハイパーナイフはレンタルしていない

残念ながらハイパーナイフはレンタルできません!

引用元:レディチア

ハイパーナイフの本体価格は180万円と高価ですが、レンタルはしていないようです。
しかし、リース(支払いは分割で買取る制度)契約は可能となっているようです。
リースの場合、支払い契約が終わるまでの期間は機器を転売することは出来ないので十分な検討が必要です。

 

ハイパーナイフ導入だけでは売上アップはしない!?

一般的なサロンがメニューの単価下げを余儀なくされている中で、同機器を導入したエステサロン様は高単価、高利益で売上をアップさせています。

引用元:【株式会社ワム】公式メディア ワムタイムズ

ハイパーナイフの製造元の株式会社ワムによるとハイパーナイフを導入したサロンは売上アップしているとのこと。
一方で、エステサロンオーナー10年目の方が運営しているサロンオーナー向けサイトレディチアでは『ハイパーナイフは、ライバル店が多く、新たに導入しても売上アップには繋がりにくい』とあります。

「営業に『ハイパーナイフ導入したら絶対稼げる』って言われたのに、全然稼げない!!(泣)
と言っているサロンさんはとても多いんです。

引用元:ハイパーナイフを導入するのに技術は必要?購入前に絶対知りたいこと

 

ライバル多数!全国のサロン約30%が既にハイパーナイフを導入

 

美容業界メディアリジョブbeautyによると、2019年エステサロン業界最新動向調査においてエステサロンは全国5,148店。
一方で、ホットペッパービューティーでハイパーナイフを導入しているサロンを調べたところ1,503件ヒットしました。


つまり全国のサロンのうち約30%がハイパーナイフを既に導入していることになります。

エステ業界で1年以内に倒産する企業が60%と言われており、10年生存するサロンはたった10%になります。

引用元:リジョブbeauty

生き残りが難しいエステサロン業界において10店舗中3店舗が既にハイパーナイフを導入している現状を考えると、ハイパーナイフはライバルが多く、導入しただけで売上アップとはいかないかもしれません。

ではハイパーナイフでライバル店と差別化を図るにはどうしたらいいのでしょうか?

 

ハイパーナイフは機械の性能で差別化できないため要注意!

ハイパーナイフは株式会社ワムオリジナルの痩身マシンの商標登録名です。
他メーカーは、ハイパーナイフと同様の性能を持った機器であっても、ハイパーナイフの名前を使うことは出来ません。

“ハイパーナイフ”自体の認知度は非常に高いですが、一方で販売製造メーカーは株式会社ワムのみなので、機能・性能では差別化することは絶対に出来ない現状なのです。

メニューの組み方や価格、サービス、サロンブランドで差別化を図るほかなく、ハイパーナイフを導入する際には綿密な戦略が必要となります。

 

ハイパーナイフは本当にお客様に喜ばれる痩身マシンなのか?

ハイパーナイフだけでは痩せない!施術後の注意点が多い

ハイパーナイフって効果ありますか?
週一で半年通っていますが全く効果を感じません。

引用元:yahoo!知恵袋

ハイパーナイフは深部からしっかり脂肪を温めて燃焼することができ、施術後3日間は痩せやすい身体にすることができます。
一方で施術後は食事制限や運動が必要となり、お客様自身で効果を高めていただく必要があります。ハイパーナイフだけでは痩身効果はほぼありません。
つまりお客様に本当に効果実感してもらうためには、施術後の過ごし方を指導する必要があります。

【ハイパーナイフにおける指導】

  • 1日体重の4%水分を摂ること
    ハイパーナイフを受けた後は、老廃物が尿や汗となって出てくるのでその分水分補給することが大切です。
  • 施術後の2時間は食事を控えること
  • 施術後は甘いものや脂っこいものは避けること
    ハイパーナイフを受けた後は体脂肪が減っているので、新たな脂肪を蓄えようと脂肪の吸収率は非常に高くなっています。食事の内容をきちんと指導しましょう。
  • お風呂上がりにマッサージをすること
    ハイパーナイフの代謝UP効果を利用して、リンパに詰まった老廃物を流すマッサージを行うことが重要です。

ハイパーナイフの痩身効果を得るには、これらの指導をきちんと行い、お客様ご自身が指導通りに過ごさなければいけません。

 

効果実感まで回数と時間がかかるデメリット

ハイパーナイフは痩身効果を実感できるまで3ヶ月、3~10回の施術が必要と言われています。また、施術は間を開けると効果が薄くなるため1週間に1度のペースでの来店が望ましく、2週間以上は開けてしまうと脂肪やセルライトが元に戻ることも。

サロン側としては、何度も来店してもらえるので売上アップに繋がると考えられますが、お客様としてはどうでしょうか?

お客様にとってのデメリット

  • 1週間に1度の来店しなければならない為スケジューリングが大変
  • 3回以上は続けて通うことになるため費用が心配
  • 食事制限や運動など自己管理をしなければならない

サロン側のメリットだけではなく、お客様の立場になった時に本当にメリットになる痩身マシンなのか?ということも踏まえて導入を検討しましょう。

 

まとめ

  • ハイパーナイフ機械の種類はハイパーナイフ、ハイパーナイフEXの2種類だけ(2020年1月現在)
  • ハイパーナイフは正規店から買わないと『認定証』が貰えない
  • ハイパーナイフは全国のサロンの10店舗中3店舗が導入しておりライバル店が多い
  • ハイパーナイフは機械の性能で差別化を図れない
  • ハイパーナイフは術後にお客様に注意してもらう事柄が多い
  • 効果実感できるまでの通う頻度・回数が多い

 

以上ハイパーナイフの機械の種類や購入時の注意点などをまとめてみました。
お客様の術後の自己管理が痩身効果を大きく左右するハイパーナイフ。

機械の性能での差別化が難しいため、カウンセリングやその他の痩身マシンとの併用などでライバルサロンに差をつけましょう!

-痩身

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛器パーフェクト比較サイト , 2021 All Rights Reserved.