厳選した業務用ハイフ機器や脱毛機など、プロ向けエステ機器の比較記事などを掲載しています

【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト

ハイフ 痩身 美顔

エステ業務用ハイフ をレンタルする場合の注意点

更新日:

目次

  • ハイフをレンタル出来るメーカー
  • レンタルとは?
  • レンタルのメリット
  • レンタルのデメリット
  • まとめ

サロンからすれば業務用のハイフマシンは高額になりがちです、、もしレンタル可能なハイフマシンがあるとすれば、少ない費用で最新のマシンが使用できるし、余ったお金で他への投資ができるとあってスピード重視の経営をしていく上では是非レンタルを取り入れていくべくかと思います。

中には自分の所有物としてマシンを購入したい人もいるようですが、どうかと思います。そして実はハイフのメーカーでレンタルをしている会社がすごく少ないのが現状です。 

レンタルがある会社

フォーカスネオはまずは無料レンタルでお試しをしてから購入を検討できるメーカーです!

Focus Neo フォカースネオ

 フォーカスは情報量が多い点がまず好印象です。また業界初となる打ち放題!のハイフになりますので毎月のランニングコストがかからない点がもっとも大きな特徴になります。全国700店舗弱の導入店にはクリニッ ...

続きを見る

レンタルとは?

レンタルは所有権がメーカーにあリます。ですのでレンタル期間が終了したら返却をするのが一般的です。 その際のクリーニング費用や、初期の導入研修も含めて最初に数ヶ月分の初期費用がかかる事や、レンタル期間の縛りがありますがしょうがないですよね。

レンタルのメリット

ハイフの使用感、効果、痛み、お客様の反応、操作の仕方、スタッフの反応と購入前に色々と実感できるのが最大のメリットになります。

ここで導入費用分の売り上げをあげられたら導入していくなどの方法もいいかもしれませんね。

また、レンタルには節税効果もある場合があります。利益が出ている時のみですが、30万円以上のマシンの買い物などは設備費として5年くらいで分割して経費の申請になりますが、レンタルの場合は毎月のレンタル料金が全額費用の形状になりますので場合によっては節税効果が期待できます。

所有権がメーカーですのでメンテナンスの対応をしてもらえる可能性が高いです。基本的に使用方法に誤りがあった場合や、契約書の特殊項目を除いて壊れてしまった際の修理はメーカー側に負担があります。

レンタルのデメリット

結局コストが高く付くかも、、

長期間レンタルをすると購入した方がトータルでは安い事がおきます。ただ、ハイフのメーカーによっては買取に応じて貰える場合もありますので相談してみるのがいいかと思います。

レンタル期間を継続する事ができない場合があるかもしれない。

明らかにサロン側の不注意で頻繁に壊してしまったり、途中で購入したい他のサロンなどが現れた場合はメーカー側もビジネスなのでレンタルを打ち切られてしまう可能性はあります。

 

まずはレンタル。そして購入するのがベスト。

上記をまとめると、まずはレンタルをしてみて使用感、効果、満足度、会社の対応等、気になる点を解消してから購入する。 もし、あまり良くないのであれば辞めればいい話しです。

初期に多少の金額がしたとしても悩んで数ヶ月経ってしまうくらいなら行動した方がきっといいです。

そもそもレンタルをしてくれる会社が少ないので、いいマシンであれば人気が殺到するのは間違いがありません。 ライバル店よりも早く導入して利益を確保していくのが一番いいかと思います。

 

おすすめ業務用マシンランキング

Focus neo フォーカスネオ

ポイント
  • カードリッジ交換不要(打ち放題)
  • フェイス・目元・ボディ・セルフ対応
  • レンタルプラン有り
  • アフターフォローが充実

Ulfit(ウルフィット)

ポイント

  • 痛みコントロール機能搭載
  • フェイシャル・ボディ対応
  • スプレーモーションテクノロジー搭載

 

DIA-GA(ディアーガ)

ポイント

  • サーマフラクショナル搭載
  • フェイシャル・ボディ対応
  • ボディカートリッジ最大39万発対応

-ハイフ, 痩身, 美顔

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛機パーフェクト比較サイト , 2021 All Rights Reserved.