厳選した業務用ハイフ機器や脱毛器など、プロ向けエステ機器の比較記事などを掲載しています

【公式】業務用ハイフ・脱毛器パーフェクト比較サイト

痩身

Ulfit-ウルフィットとは?特徴と効果、導入コストと注意点。基本スペック。

投稿日:

TOP画像

ウルフィットとは?韓国製のハイフ!

画像引用元:チャウム公式ネイバーブログ

ウルフィットは、顔・身体の痩身効果が期待できる韓国製のハイフです。
医師免許を持っていない美容サロンでも導入可能なハイフになります。

スプレーモーションテクノロジーでより早く、より広範囲に超音波エネルギーを照射できる最先端マシーン

引用元:エステ用品・美容商材の通販<美セラ>

もともとウルフィットは韓国の美容サロンで使われており、日本で開催されているビューティ見本市(Beautyworld Japan)にも出展されたこともあるので知っている方も多いかもしれません。

 

ウルフィットの特徴を知る前に…ハイフとは?

ウルフィットの特徴を知る前にハイフとはどんな痩身マシンなのかおさらいしておきましょう。

ハイフとは?

ハイフとは、超音波痩身機の一種で「高密度焦点式超音波」と呼ばれています。

ハイフは元々はガン治療で使われていた技術を美容痩身に応用し、余分な皮下脂肪だけに作用するよう調整した機器のこと。

脂肪や筋膜などの皮下組織に働きかけ、発生した熱で脂肪細胞などを分解することができます。

 

ハイフのメカニズム

画像引用元:ハイフ(HIFU)とは?サロンオーナーが仕組み・効果・リスクを解説!

ハイフは、皮下0.45~1.3cmの深部1点に超音波を集中し、そのエネルギーで熱源を発生させます。虫眼鏡で太陽の光を1点に集中させると、紙を焦がすことができるのと同じ仕組みです。

1点に集中して脂肪細胞を分解させることで、脂肪細胞の絶対数が減っていきます。
脂肪細胞が減る=皮下脂肪が減る
深部にある脂肪細胞が減ると、徐々に脂肪細胞が収縮してサイズダウンできるという仕組みなんですね♪

引用元:HIFU(ハイフ)は効果がないって本当?口コミでの評判は?

 

ハイフの一般的な効果

顔への効果

リフトアップ効果、美肌効果、肌のハリ感アップ効果、ほうれい線の改善、毛穴引き締め効果etc
ハイフは超音波を一点に照射し、脂肪細胞を減らす働きがあるため細胞自体が減るので、サイズダウンはもちろん、太りにくい身体作りができます。ダウン期間がなく、気軽に施術いただけるのも大きなポイントです。

 

身体への効果

太りにくい身体作りが可能、継続して痩せることが可能、セルライトの解消、部分痩せが可能etc
顔だけでなく身体の気になる部分への施術も可能で、即効性・持続性を感じることができるため多くのお客様にご満足いただくことができます。

 

ウルフィットと他社ハイフとの違い、3つの特徴

画像引用元:株式会社エストラボ

従来の痩身マシンは脂肪ではなく、表皮に超音波と熱が焦点されていました。つまり、表皮に熱が分散され、エネルギーは深部へ効果的に伝わらず、肌に負担がかかっていました。Ulfitは例えれば、太陽の光をレンズに集めて一点だけを高温にする原理です。

引用元:集束超音波エステマシンUlfit(ウルフィット)

日本のウルフィット取り扱いメーカーの公式サイトによると、従来の痩身マシンに比べ“ウルフィットは皮膚下深部への点射が可能”と示唆されていますが、この特徴は他社のハイフ全般に同じことが言え違いはありません。

ではその他ハイフとの大きな違いは何なのでしょうか?

 

特徴1:スプレーモーショーン式で超音波エネルギーを体内へ浸透

画像引用元:集束超音波エステマシンUlfit(ウルフィット)

Ulfitのボディ用ハンドピースは、超音波エネルギーを広い焦点領域に均等に、そして素早く届けます。

引用元:株式会社エストラボ

ウルフィットのボディ用ハンドピースは世界初テクノロジー【スプレーモーション式】を採用しており、スプレーのように超音波エネルギーを点射。

スプレーモーション式イメージ画像

画像引用元:Ulfit(ウルフィット)

スプレーモーション式とはウルフィット独自の点射構造の名称。スプレーのように隙間なく体内へ浸透させる事で短い時間で最大限効果を発揮できるよう工夫されているのが特徴です。

 

特徴2:“面”で点射できるハンドピース、Vタイプを採用(ボディ用のみ)

画像引用元:Ulfit(ウルフィット)

丸い形のトランスデューサが素早くエネルギーを浸透させ短い時間に最大効果を出します

引用元:Ulfit(ウルフィット)

特別に設計された2MHzの超音波トランスデューサは、連続的にハンドピースの内側に回転させ、選択的に脂肪細胞を取り除くために、深い皮下脂肪に超音波エネルギーを浸透させます。正確に速く伝われる超音波エネルギーは最小限の痛みでの最大結果を目指すことができます。

引用元:Ulfit(ウルフィット)【集束超音波 美容機器】

ボディ用ハンドピースは、点射面がくるくると円を描いて点射する構造で、“1点”点射ではなく“面”で点射できるのが特徴です。

これはVタイプと呼ばれる点射方式で、回転しながらランダム打ちするVタイプは“1点”点射に比べ効果は劣りますが、安全性が高いのが特徴です。

一般的にサロン用ハイフは安全性からVタイプを採用している機器が多く、ウルフィット独自の方式ではありません。

 

特徴3:痛みコントロールモードを搭載

画像引用元:Ulfit(ウルフィット)

ハイフは施術中は皮膚の奥でポップコーンがはじけるような、体験したこのない痛みがあります。(中略)皮膚が薄いところのほうが傷みがでやすいです。(中略)

出力をあげると、痛みも増しますが、効果も期待できます。

引用元:ハイフHIFUを行う前に知っておきたい前知識(小顔・リフトアップレーザー)

ハイフは出力を上げると効果が出やすいですが、痛みが伴う可能性もあります。

ウルフィットは痛み軽減モードを搭載しており、皮膚の薄い箇所やお客様に合わせて施術を行うことが可能です。

 

ウルフィットの効果・口コミ

画像引用元:Ulfit(ウルフィット)ulfit ウルフィット 「HIFU」 痩身美容機器

ウルフィットの口コミ

一回だけの施術で、あんなに効果が出るのは驚きました!

引用元:ホットペッパービューティー

ウルフィット1回で小顔になりびっくりしました!悩みだったほうれい線も薄くなり肌もモチモチ生まれ変わったようになりました。

引用元:ホットペッパービューティー

ウルフィット、直ぐに目に見えて効果があり感動しました。

引用元:ホットペッパービューティー

通常のハイフで得られる効果と同様、1回の施術で即効性・持続性を感じることができます。

それでは施術頻度はどれくらいなのでしょうか?

 

ウルフィットの施術頻度は2週間に1回

フェイシャルの場合は、2~3週間に1回のペースで、3~4回続けます。そのあとは月に1回、定期的に施術します。

引用元:Ulfitの使い方って?効率的に使うにはどうすればいい?

身体や深い部分は、2週間に1回のペースで、1か月ほど続けます。そのあとは月に1回、施術します。

引用元:レディチア

顔、身体によって施術頻度は異なりますがどちらも2週間に1回続けるのが理想的と言われています。導入の際は、狙うターゲットであるお客様が“2週間に1回続けること”が可能なのかを考慮しましょう。

次にウルフィットの導入コストを含めたコストパフォーマンスを検証していきましょう。

 

ウルフィット導入価格、コストパフォーマンスは?

当社調べによるとウルフィットの本体価格は350万円でした。

一般的にウルフィットを導入しているサロンの施術料金は範囲によって異なりますが15,000〜32,000円です。

1回の施術料金を中間値23,500円とした場合約149回の施術で350万円の導入コストを回収することが出来そうです。

これはあくまでも目安であり、ハイフを導入しているライバル店の施術料金を考慮すること、カートリッジ価格を考慮することがとても重要です。

 

カートリッジの種類、価格、交換頻度は?

画像引用元:株式会社エストラボ

ウルフィットのカートリッジはフェイシャル3種類、ボディ3種類の計6種類あります。

購入時は4種類のカートリッジが付属で付いてくるようです。

カートリッジ種類 点射深さ ショット数/1回の点射 合計ショット 価格
フェイシャル用 1.5mm 23ショット 10,000ショット 23万円
フェイシャル用 3.0mm 23ショット 10,000ショット 23万円
フェイシャル用 4.5mm 16ショット 10,000ショット 25万円
ボディ用 6.0mm

※オプション購入

30,000ショット
ボディ用 9.0mm

※オプション購入

30,000ショット
ボディ用 13.0mm 16ショット 30,000ショット 25万円

※6.0mm、9.0mmカートリッジは、オプションで追加購入が必要です。

交換時期については、フェイシャル用は1万ショット、ボディ用は3万ショットすると交換が必要になります。
交換頻度は、ボディ(お腹)1回の施術で4,800ショットとした場合およそ6回使用すると交換の目安となります。

他社ハイフフォーカスネオのカートリッジは本体導入時に1度購入すると、半永久的に使用することができるため、こういったハイフと比較するとウルフィットはランニングコストがかかるマシンと言えそうです。

 

ウルフィット使用時の注意点

ハイフの打ち間違いは大変恐ろしい結果となりますので、十分に気をつけて施術していただきたいと思います。

引用元:レディチア

ハイフは顔のデリケートな部位である目や喉などは施術出来ません。

また、ウルフィットの15mmのカートリッジは点射深度が深いため、顔の施術を行ってしまった場合、神経損傷や火傷などの恐れもあります。

フェイシャル用はシングルパルス方式を採用しており、ボディ用Vタイプより強い出力になっているので施術に注意が必要です。

販売メーカーからしっかり研修を受けられるか、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

 

ウルフィットの基本スペック

正式名称 「Ulfit(ウルフィット)」
ライン式 顔用 モーション式 ボディ用
エネルギータイプ 超音波
パワー 0.1-3.0 J (0.1 J/Step)
入力電力 100-240V, 50/60Hz
重さ 8.2kg
面積 360(D) X 460(W) X 150(H) mm
カートリッジ種類 F7-1.5 (7 MHz / 1.5 mm) 23万円,1プッシュ23ショット
F7-3.0 (7 MHz / 3.0 mm) 23万,1プッシュ23ショット
F4-4.5 (4 MHz / 4.5 mm)  B2-13.0 (2 MHz / 13.0 mm) 25万円,1プッシュ16ショット
本体価格 350万円

まとめ

  • ウルフィットは医師免許を持っていない美容サロンでも導入可能な韓国製ハイフ
  • 特徴1:スプレーモーショーン式で超音波エネルギーを体内へ浸透
  • 特徴2:“面”で点射できるハンドピース、Vタイプを採用(ボディ用のみ)
  • 特徴3:痛みコントロールモードを搭載
  • 本体価格は350万円、コスト回収までに約149回の施術が必要
  • カートリッジは6種類、価格23万円〜。およそ6回の施術で交換が必要
  • ウルフィットは顔へ使用する際は使用カートリッジに注意が必要!

ウルフィットはハイフ特有の即効性に優れたマシンですが、本体価格は350万円とエステ用ハイフの中では高額です。また、カートリッジ交換費用がかかるため導入の際には十分検討しましょう。

-痩身

Copyright© 【公式】業務用ハイフ・脱毛器パーフェクト比較サイト , 2021 All Rights Reserved.